歴史と特徴TOP
記念碑
  流祖森永先生が晩年を過ごされ戸山流の発展.
普及に努められた京都府京田辺市の
「月読神社」境内に平成六年に建立された。
  
 歴史
 当流は大正14年陸軍戸山学校に始まり昭和15年同校森永清剣術課長が中心となって、改定.交付された居合を源流とする。
昭和20年9月、戸山学校はその72年にわたる歴史を閉じた。
 戸山学校は幕を閉じたが、森永先生を中心とする有志により元来、居合に限らず武道は実戦の中から生まれる物で有って平和の時代. 戦いの実相を知らない人間が考案できるものではない。

 もし今後とも長く平和が続くならば、「戸山流居合」は日本史上最後の居合で有って、居合の結論とも言うべき貴重なものである。

 こうした「戸山流居合」の有する文化遺産としての価値をしっかりと認識した上での継承の努力で有った。「大正、昭和の文化遺産」として「戸山流居合」を後世に継承する努力が開始された。

 森永先生は、かって自ら研究し、制定し、公表した「戸山流居合」を、新しい平和の時代に相応する居合道に昇華、老若男女が共に学べる「戸山流」を確立、普及に努められた。
 「戸山流居合」は元来、剣道の練達者は言うに及ばず、未熟者、初心者にもすぐ習得出来る様に考案されたもので有った。この理念をさらに発展させ、老人婦女子でも習得可能な居合が追及され、「老若男女が共に学べる居合」となった。

 一方では、戦場での実用刀法としての「戸山流居合」を武道としての「戸山流居合道」に昇華させる努力も続けられた
 まず、使用する刀が、軍刀から文化財としての日本刀に切かえられた事により、抜き付けの基本の見直しが行われた。
 平行して戸山学校時代の「基礎居合、本居合、組太刀、試斬り」の武道としての理合が研究・整備された。
 さらに熟練者向けに「八方抜き」「連続技」「早抜き」が考案され、真に一刀両断の刀法を実践させる「奥居合」が創始されるに至り、「大技で斬る」ことを原点とした「戸山流居合道」が磨かれ現在に至っている。

               〜戸山流居合道・教本より〜

 特徴
 戸山流居合の創始は大正14年と新しいが、その精神は戦国時代と同じく、実戦ですぐ使える事を意図しており、戦国時代の居合すなわち真の古武道を再現したものである。
実戦を想定しているのが故に、立ったまま抜き、斬突する。

 戸山流居合は、その発想に於いて最も単純素朴である。
「敵に勝つ」事が最大の狙いである。過度の虚飾は無く、洗練された優雅さ、優美さも無い。
居合として、武道として生まれたての赤子の様なもので有る。
戸山流居合を居合道に昇華し、発展、普及させるのは、戸山流居合道を学ぶ者の使命で有る。

 日本刀の扱いに慣れていない者でもすぐ習得出来る様に考案された戸山流居合は、初心者でもこれを覚えるのは困難ではない。
婦女子老人子供でも習得可能である。一方、戸山流居合を完全に習熟して極意に達するのは多大の努力を要する。

 戸山流居合は、実用すなわち斬るを目的とするが故に、無理の無い姿勢、足捌き、腕の振り、刀の動き等のあらゆる面で人間工学的に見て合理的で有る。

実用刀法に試し斬りの修練を伴うのは当然である。
試し斬りを通して「斬れる居合」を自得し、精神を鍛練する。
試斬りを行わない武道はどうしても脇道に逸れ易い。

 戸山流居合と剣道は、根本精神で有る武道と云うことでは変わるところは無く、心構えは一緒で有る。
居合道と剣道の両道は相互補完作用をし両道を修練する其の人の技は確実に進歩し向上するで有ろう。



技  法
English
Q&A質問欄
画   像
各支部リンク
稽古日・行事予定
友好武道団体
関の刃物
おすすめサイト
TOP
歴史と特徴
岐阜支部
戸山流居合道会
歴史と特徴